忍者ブログ
Admin | Write | Comment

Game Blog

跡地

カテゴリー「映画レビュー」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ヒットマン

ヒットマン

ヒットマン 2008年


評価 ★★☆☆☆

監督: ザヴィエ・ジャン
出演: ティモシー・オリファント、ダグレイ・スコット、オルガ・キュリレンコ


全米で大ヒットした同名ゲームの映画化作品。
世界でもっとも謎に包まれた諜報部に忠誠を誓った男、エージェント47。
ロシアの大統領暗殺を依頼され実行するが、47は自分が何者かにハメられた事に気づく・・・


「彼女の涙が、彼の閉ざされた心を開く」
スポットCMに釣られて観た作品。
さほど心を開いたようには見えなかった・・・のは置いといてw
無敵の殺し屋47が大暴れする作品。
アクションシーンも結構派手で話も解りやすいが、ちょっとありきたりな内容。

ゲームはまったくやった事無いけれど、そもそもハゲ頭にバーコードの刺青で
歩いてるだけでバレバレである・・・目立つことこの上ない。
もう少し変装したりしないとリアリティなさ過ぎなんですけど・・・
変装しても頭だけはピカピカ・・・
ハゲ頭にバーコードの刺青がトレードマークだから仕方が無いのでしょうけど・・

でも、この手のアクションが好きな人には結構楽しめるはず。
何となく、2もありそうな終わり方でラストはイイ感じ!




拍手[0回]


インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 1989年


評価 ★★★★★

監督: スティーヴン・スピルバーグ 制作総指揮: ジョージ・ルーカス
出演: ハリソン・フォード、ショーン・コネリー、デンホルム・エリオット

「レイダース/失われたアーク」「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」に続くインディ・シリーズ第3弾!
考古学者で冒険家のインディは、大富豪ドノヴァンからキリストの聖杯の発見を依頼される。
失踪し行方不明になった責任者が実の父ヘンリーである事を知り、聖杯の捜査を引き受け、旧友のマーカスと共にベニスに向かう・・・


魔宮の伝説があまりにも素晴らしかったのでそれを超えるのは難しいと思われる第三作目。
そこはキャストの豪華さでカバー!!!
インディのお父さん役のショーン・コネリーがまた最高にイイ味出してて大好き!
冒頭の、若き日のインディ・ジョーンズ役に今は亡きリヴァー・フェニックス。
う~んカッコイイ!
本当にナイスキャスティングと言いたい。

ジェットコースターとまでは行かないまでも、ゲームや遊園地のアトラクションのようなアクションも相変わらず健在。
今作は、親子の確執なんかも織り交ぜつつ、親子でコントのようなお笑い要素も魅力の1つに。
ヒットラーとの絡みも笑ってしまいますw
インディ・ジョーンズは、シリーズ三作どれも面白いです。

もうすぐ(2008年6月)公開の4作目「クリスタルスカルの王国」は、あまりの期待の多さにジョージ・ルーカスも困惑して・・・
あまり過剰な期待はしないようにと言っているようだけど・・・約20年ぶりの続編と言う事で・・・期待するなと言う方が無理ってもんです(ノ∀`)






拍手[0回]


ミスト THE MIST

ミスト THE MIST

ミスト THE MIST 2008年


評価 ★★★☆☆

監督: フランク・ダラボン
出演: トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン

スティーヴン・キング原作のモンスターホラー。
家が壊れるほどの大嵐の翌日、デヴィッドは息子を連れてスーパーへ家の応急処置をするために車で出かけた。
軍隊や警察が慌ただしく行き交い、スーパーで買い物をしていると顔から流血した男が悲鳴をあげながら走ってきた・・・
慌ててスーパーの扉を閉めると、瞬く間に街全体が謎の濃い霧に覆われた・・・


謎の濃い霧に覆われた世界、徐々に明らかになる霧の招待。
十分引きつけられる内容でした。
ただし、「ショーシャンクの空に」と「グリーンマイル」の原作&監督コンビだからと言って、そのクオリティを期待するとちょっとキツイかも知れません。

モンスターパニック映画と思いつつ、極限の状況におかれた人間怖さや弱さを良く描いてます。
ラストまでは主人公も数少ない理性を残したまともな人間・・・

あやふやで終わる原作のラストとは違った衝撃のラスト・・・・
う~ん・・・個人的には好きじゃありません。
かなり観る人の性格によって賛否両論なラストですね・・・
ガックリは来ますが、鬱映画と言うほどのラストでも無いので・・・その辺は安心して見て下さい。

私は、キングの原作映画化シリーズとしては、「グリーンマイル」や「スタンドバイミー」よりもミストの方が好きです。








拍手[0回]


NEXT -ネクスト-

NEXT -ネクスト-

NEXT -ネクスト- 2008年


評価 ★★★☆☆

監督: リー・タマホリ
出演: ニコラス・ケイジ、ジュリアン・ムーア、ジェシカ・ビール


「ブレードランナー」などの原作者フィリップ・K・ディックの短編小説の映画化。
主人公クリス・ジョンソンは、自分に関わる2分先の未来が見える予知能力を持つ。
クリスは、ラスベガスのクラブでマジック・ショーを行いながらその能力を隠して生活してきた。
FBIのフェリス捜査官は、クリスの予知能力に目を付け、テロリストによって盗まれLAのどこかに仕掛けられた核爆弾を探し事件解決に利用しようとする・・・・

ニコラス・ケイジとジュリアン・ムーアと出演者も豪華でジェシカ・ビールも超セクシー。
2分先の予知能力を駆使して物語の展開もスピーディーにあっという間に終わってしまいます。
かなり面白いのですが、ちょっと上映時間が短い。 もっと観たい!
と思えるほど、2分先の未来が見える能力が面白いです。
これは・・・ジョジョの奇妙な冒険の中でもかなり最強ランクのスタンド能力として描かれていました。
こういうの大好きです。

能力もストーリーも解りやすく、ほどよいスリルもあって中々の良作。
やっぱりもう少し尺の長い話で観たかったですねー、そこが残念!
外れも結構あるニコラス・ケイジ作品で、これは当たりです(ノ∀`)





拍手[0回]


ブラックサイト

ブラックサイト

ブラックサイト 2008年


評価 ★★★☆☆

監督: グレゴリー・ホブリット
出演: ダイアン・レイン、ビリー・バーク、コリン・ハンクス


公開殺人を中継する闇サイトとFBIネット犯罪捜査官の対決を描くサイバー・スリラー。
サイトのアクセス数が増えれば増えるほど処刑時間が短くなると言う残忍な闇サイト「Kill with me」。
死に至るまでをライブ中継するこの事件にFBIネット犯罪捜査官のジェニファーが挑む・・・

ダイアン・レインがFBIネット犯罪捜査官で闘うお母さんを熱演。
正直・・・ちょっと年取ったので見慣れるまでは「こんな小さい子のお母さん??」
と、ちょっと違和感が・・・とは言え、お婆ちゃん役にするのもアレだし・・・
最近の映画では、ジャンパーでヘイデン君のお母さん役もやってましたね・・
本当はそれぐらいが丁度良いのかも(ノ∀`)

映画の題材としては、とても解りやすく、特にネットしてるモノにとっては面白く興味のある内容で・・ちょっと期待しすぎたのもあるかもしれませんが・・・後半盛り上がりません。
決してつまらないわけでは無いのですが、前半からの期待が大きい分少し残念。
でも、殺人サイトのアイデアはほどよくリアリティがあり(サイトへの書き込みコメントなど)とても良かったです。

原題のUNTRACEABLE(追跡不能?)から、ブラックサイトと言う放題に変えたのは
解りやすくストレートで良いですね。
個人的にはダイアン・レイン、これからもサスペンス映画で頑張って欲しいな~。





拍手[0回]


Profile



My Profile by iddy
mixi

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
主にオンラインゲームをする程度の能力
コメント・拍手・大歓迎です。

Calendar

07 2019/08 09
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recommendation

Amazon

Blog Search

Counter

Recommendation

Twitter

Banner

リンクなど良かったらBannerをお使いください。
200x40


120x60

Copyright ©  -- 2007-2014 Usamimi Game Blog & Kaz --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ
PR